ニュース & 話題

2011年3月1日 火曜日 03:58

橋本駅の「ゆかいな図書館」新装オープン

橋本駅の「ゆかいな図書館」新装オープン

和歌山県橋本市のJR・南海「橋本駅」のバリアフリー化工事で閉鎖していた「ゆかいな図書館」は、3月1日、駅の工事完成と同時に新装オープン。昨年4月閉鎖以来、ちょうど1年ぶり。この図書館は、本の持ち出しが自由で、乗降客に好評なだけに、世話人の阪口繁昭さん(81)は、「廃止されず、再開できてよかった」と喜… 続きを読む

2011年2月24日 木曜日 19:51

トンネル抜け紀見峠へ颯爽と 1971年22000系(1)

トンネル抜け紀見峠へ颯爽と 1971年22000系(1)

南海高野線はその名の示すように、真言密教の聖地・高野山への参詣者輸送を目的に1898年(明治31年)1月、今の堺東~狭山間で運転が始まり、さまざまな経緯を経て1915年(大正4年)3月11日、橋本まで開通。極楽橋までは昭和になった1926年2月21日に全通した。  写真(上)は、大阪、和歌山府県境のト… 続きを読む

 14:52

郷土のフォトライター北森さん、南海電車と沿線の歴史、半世紀にわたり写真撮影。3月1日から本紙特集「南海高野線アーカイブス」に連載

郷土のフォトライター北森さん、南海電車と沿線の歴史、半世紀にわたり写真撮影。3月1日から本紙特集「南海高野線アーカイブス」に連載

和歌山県橋本市御幸辻に住むフォトライター・北森久雄さん(73)は、南海電鉄・高野線の電車と沿線の歴史を、半世紀にわたりカメラで撮り続けてきた。昭和の高度経済成長期にできた「林間田園都市駅」や、周辺の巨大ベッドタウン、平成の観光列車「天空」が、悠々と紀ノ川鉄橋を渡る姿など、その折々の光景を切り取ってき… 続きを読む

2011年2月1日 火曜日 00:03

戦争語り継ぐJR橋本駅の銃弾跡残る板壁、丸山公園内に移設展示へ。傷痍軍人会

戦争語り継ぐJR橋本駅の銃弾跡残る板壁、丸山公園内に移設展示へ。傷痍軍人会

太平洋戦争末期、米軍機の機銃掃射を浴びて市民4人が死亡、その弾痕が残る和歌山県橋本市古佐田、JR橋本駅の倉庫の板壁が、近く同市立丸山公園内に移設、保存されることになった。駅舎のバリアフリー化工事に伴い、倉庫が取り壊されることになったため、橋本市傷痍(しょうい)軍人会(阪口繁昭会長)が板壁の譲渡を要望。JR… 続きを読む

 00:02

あなたも虎になれ! 募金、児童養護施設へ全額寄付

橋本市の社会福祉法人・児童養護施設「六地学園」の子どもたちを励まそうと、橋本商工会議所は6日、同市市脇の橋本商工会館で開く「はしもとアウトレット こんなんでました市」会場に募金箱を設置。午前10時~午後4時、「あなたも虎になれ!」とキャンペーンを繰り広げ、来場者に協力を頼む。同会議所はオリジナルスト… 続きを読む

広告・スポンサー

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事