ニュース & 話題

2011年4月16日 土曜日 19:42

ひまわりの咲く街づくり、中村さんに〝ビッグ賞〟

ひまわりの咲く街づくり、中村さんに〝ビッグ賞〟

《橋本市のボランティア「ひまわりの咲く街」代表・中村さんが、世界的な「ボランティア・スピリット賞」を受賞。「東日本大震災の被災地へひまわりの種を届けたい」と準備へ》 「ひまわりで人々に笑顔を…」と、ひまわり畑をつくる珍しいボランティアグループ、和歌山県橋本市御幸辻の「ひまわりの咲く街」代表で、県立橋… 続きを読む

2011年4月15日 金曜日 15:28

「原発反対、正しかった」日高町の町長ら安堵

東日本大震災の大津波の被害を受けた福島県の福島第一原子力発電所の放射能漏れの危険性から、周辺市町村では、避難や自宅待機はじめ、農産物の出荷制限など住民生活に大きな影響が出ている。原子力発電所問題については、和歌山県内でも1960~70年代、建設推進か建設反対かを巡って大論争があったが、結局、建設せ… 続きを読む

2011年4月14日 木曜日 15:46

桜草100種類100鉢満開、花さか奥さん見事

桜草100種類100鉢満開、花さか奥さん見事

100種類もの日本桜草を咲かせている「花さか奥さま」が、和歌山県橋本市隅田町芋生にいる。その名も、なんと櫻井玲子さんと言い、桜草は今年も自宅の庭で可憐に咲いている。 花壇にずらり並んだ100鉢の日本桜草は、すべて品種が異なる逸品ばかり。真紅が鮮やかな「日の丸」、ひかえめな薄紫の「雪舞」、ピンクのツ… 続きを読む

2011年4月13日 水曜日 15:49

さあ第2の人生を豊かに~橋本市民大学入学式

さあ第2の人生を豊かに~橋本市民大学入学式

お年寄りが芸術文化を学ぶ「橋本市民大学生き生き学園」(学園長=木下善之市長)の入学・始業式が4月13日、橋本市東家の市教育文化会館3階で開かれた。新入生は今後3年間、俳句、書道、音楽、水墨、歌謡、民謡、写真の各クラブに入会し、楽しい学園生活を送る。 同学園は1972年春に県内の自治体に先駆けて「橋本… 続きを読む

 15:43

義援金1200万円送付へ、橋本市が医療部隊も

義援金1200万円送付へ、橋本市が医療部隊も

和歌山県橋本市の木下善之市長は、4月13日、橋本市教育文化会館で開かれた「橋本市民生き生き学園」入学・始業式で、東日本大地震の被災地へ救援隊を派遣していることを説明した。60歳以上の学園生らは、学園での研鑽を誓うとともに、「全力で被災地の再生支援を」と、市の支援活動に期待していた。 入学・始業式に… 続きを読む

広告・スポンサー

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事