ニュース & 話題

2011年7月26日 火曜日 16:36

高野山学童野球で奈良代表2連覇~50チーム熱戦

高野山学童野球で奈良代表2連覇~50チーム熱戦

第16回高野山旗学童軟式野球選手権大会(東日本大震災復興支援大会)が7月22日から5日間、和歌山県高野町高野山の森林公園スポーツ広場をメーン会場に山内計5ヶ所で開かれ、26日の決勝戦で、奈良県代表の「前栽アスレチックス」(吉川卓志監督)が、福岡県代表の「吉富少年野球クラブ」(宇佐輝人監督)を3対2で下し、… 続きを読む

 07:37

恩師の仏壇にひまわり~「老母を元気に」と栽培

恩師の仏壇にひまわり~「老母を元気に」と栽培

若いときに世話になった学習塾の先生が病死し、その死を悲しむ86歳の母親のためにと、先生の畑でひまわりを栽培し、仏壇に備えて冥福を祈っている男性がいる。和歌山県橋本市賢堂、運送会社営業部長・山田和則さん(42)で、山田さんは「ひまわりのお蔭で、先生のお母さんが、すっかり元気になられました」と喜んでいる… 続きを読む

2011年7月25日 月曜日 10:45

園児らジャンボ数珠送り~地蔵盆で健康祈る

園児らジャンボ数珠送り~地蔵盆で健康祈る

ジャンボな数珠を使って子どもたちの健康を祈る「地蔵盆・数珠送りの行事」が、7月25日、和歌山県橋本市のJR南海橋本駅前にある古佐田区民会館で開かれた。 地元の老人クラブ「ニコニコ会」(池永恵司会長)が主催。橋本保育園、橋本東保育園の5歳児計約30人と、橋本市老人クラブ連合会長の辻田育文さんらを来賓に… 続きを読む

2011年7月24日 日曜日 15:26

古代の「勾玉」作りに挑戦~夏休み児童ら100人

古代の「勾玉」作りに挑戦~夏休み児童ら100人

日本の古代人の宝物とされた勾玉(まがたま)作りの体験教室が、7月21~24日、和歌山県橋本市野の「橋本市あさもよし館」(阪辻博文館長)で開かれ、夏休み中の小学生ら計約100人が挑戦した。 学芸員の大岡康文さんと、職員の奥裕香子さんが指導。先ず、子どもたちは、小さく切って穴をあけた青田石(せいでんせ… 続きを読む

2011年7月23日 土曜日 07:53

きゅうり加持80年ぶり復活~無病息災へ妙楽寺

きゅうり加持80年ぶり復活~無病息災へ妙楽寺

猛暑の季節を無病息災に過ごす「きゅうり加持(かじ)」の祈祷(きとう)が、7月22日午後7時から、和歌山県橋本市東家3丁目3の24、妙楽寺(岩西彰真住職)で、約80年ぶりに復活し、善男善女約30人が参加して行われた。 加持とは神仏のご加護=ご利益(りやく)=、祈祷とは神仏に呪文(じゅもん)を唱えて祈ることで、… 続きを読む

広告・スポンサー

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事