ニュース & 話題

「お知らせ」30日橋本駅前で3年ぶり納涼盆踊り大会

和歌山県橋本市古佐田のJR・南海橋本駅前で、7月30日夜、3年ぶりに第29回「納涼盆踊り大会」が開かれる。今回は夜店など「駅前パフォーマンス」と初のコラボレーションで、楽しい夏の夜のひとときになりそう。
橋本地区公民館橋本ブロック盆通り実行委員会と橋本市観光協会が共催。
時間は午後7時~9時30分。駅前広場に特設の櫓(やぐら)から提灯(ちょうちん)が灯り、浴衣姿の善男善女が輪になって、「橋本音頭」や「河内音頭」などを踊る。
付近では逸品の「かき氷」や「焼きそば」の夜店が出て、「金魚すくい」や「スーパーボールすくい」なども行う予定。
雨天の場合は、翌・31日(日)に順延。駐車場不足なので、公共交通機関の利用を呼び掛けている。
主催者側の話では、平成26年は台風・豪雨、同27年は駅前・大火災で、それぞれ盆踊りを中止。それまでは、50~100人が踊りに参加、500人前後が見物に訪れている。
橋本市観光協会の畑野富雄(はたの・とみお)会長は「久しぶりの駅前の盆踊り、駅前パフォーマンスを楽しんでください」とアピールしている。
写真はいずれもPRチラシより。

更新日:2016年7月20日 水曜日 16:18

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事