ニュース & 話題

2011年10月26日 水曜日 16:18

「美」「香」うらら市民菊花展~橋本・杉村公園

「美」「香」うらら市民菊花展~橋本・杉村公園

秋うららかな季節、和歌山県橋本市御幸辻の杉村公園・芝生広場で「橋本市民菊花展」(同市主催)が開かれ、観光客の心を和ませている。出展している橋本市民菊の会(矢野佳世子会長、約60人)では「ゆっくりご観覧下さい」と言っている。会期は11月13日(午前9時~午後4時)まで。入場無料。 芝生広場の通路両側… 続きを読む

 14:47

懐かしの〝欧文タイプライター〟郷土資料館へ寄贈

懐かしの〝欧文タイプライター〟郷土資料館へ寄贈

和歌山県橋本市古佐田の男性が〝1950~55年の手動式・欧文タイプライター〟を橋本市郷土資料館に寄贈し、保存展示されることになった。このタイプライターを点検した1級通信技術士で元県立紀北工業高校教諭・池永恵司さん(81)は「このタイプライターは、今で言えばワープロ、さらにはパソコンで、終戦後の一時… 続きを読む

2011年10月25日 火曜日 19:48

順教尼と弟子2人の作品展~口筆の書画など57点

順教尼と弟子2人の作品展~口筆の書画など57点

両腕のないハンディを克服し、口に筆をくわえて書画を表した〝身体障がい者の母〟と崇拝される大石順教尼(じゅんきょうに、本名=よね=1888~1968年)と、その愛弟子2人の書画を集めた「大石順教尼の世界~順教尼と弟子たちの作品展~」が、11月2日(水)~12月4日(日)、和歌山県九度山町九度山1327… 続きを読む

2011年10月24日 月曜日 23:38

がん克服〝腹話術〟ボランティア~多田さん79歳

がん克服〝腹話術〟ボランティア~多田さん79歳

肝臓がんを患いながら、それを見事克服し、〝腹話術ボランティア〟として、活躍している79歳の男性がいる。和歌山県橋本市隅田町河瀬に住む多田則一さんで、多田さんは「手術の後、ふたたび生かされた命、皆さんに幸せになってもらえたら本望です」と頑張っている。 多田さんは、もともと航海計器製造販の仕事をしてき… 続きを読む

 15:52

ベビーマッサージで母子の絆~五感生かす祭典楽し

ベビーマッサージで母子の絆~五感生かす祭典楽し

女性や子供たちの健康づくりを目指す「オータム・ウーマンフェスティバル」が10月24日、和歌山県橋本市市脇の橋本商工会館1階〝レストランラポール〟と6階の和室などで開かれた。次世代へ、さらに次世代へ、健康をリレーしようと、触覚、味覚、視覚、聴覚、嗅覚の五感に訴える多彩なイベントで、参加した大勢の女性… 続きを読む

広告・スポンサー

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事