ニュース & 話題

三石台よ元気に…Xマスツリー点灯~サンタ歌う

    点灯されたブルーのクリスマスツリー(紀見北地区公民館で)
    点灯されたブルーのクリスマスツリー(紀見北地区公民館で)
    点灯されたブルーのクリスマスツリー(紀見北地区公民館で)
    サンタクロース姿でクリスマスソングを歌う女性たち
    「大きな古時計」を歌う小田さん
    「大きな古時計」を歌う小田さん

和歌山県橋本市三石台の橋本市紀見北地区公民館で「イルミネーション点灯式&クリスマスミニコンサート」が開かれ、地元の約100人が2011,年師走の夜を楽しんだ。
遠藤均館長が「今年は災禍(わざわい)の多い年でしたが、今夜は皆さん一緒にクリスマスの雰囲気を楽しみましょう」と挨拶。玄関わきに設けた高さ約8メートル、LED電球約4000個のクリスマスツリーに点灯すると、ツリーは美しいブルーの光を放ちだした。
ハンドベル演奏グループ「ミューズ」(橋本地区公民館登録)が「星に願いを」「クリスマス・イヴ」など4曲を演奏。西部地区公民館・職員の小田泰正さんが、エレクトーンを弾きながら「大きな古時計」を歌い、ツリーの周辺はメルヘンチックな空気でいっぱい。
三石台在住の〝歌を愛する女性チーム〟の4人が、サンタクロース姿で登場。エレクトーン伴奏と紀見北地区公民館の女性ら6人のバックコーラスで、「あわてんぼうのサンタクロース」「クリスマス・イヴ」など4曲を披露。大きな拍手を浴びた。
最後に三石台区長の早瀬洋子さんが「三石台を元気に…。この祭典は来年も続けましょう」と締めくくった。クリスマスツリーのイルミネーションは12月25日(午後5~同9時)まで点灯される。
(写真=紀見北地区公民館・撮影)


更新日:2011年12月17日 土曜日 08:21

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事