ニュース & 話題

満開〜李(すもも)の花♡紀の川フルーツライン沿い

和歌山県橋本・伊都地方は、彼岸の入りの3月17日午後、快晴で16度前後の陽気につつまれ、紀の川フルーツライン沿いでは、李(すもも)の花が満開で、往来するドライバーらを喜ばせていた。
紀の川フルーツラインは、橋本市〜九度山町〜かつらぎ町の、同川左岸の山腹を走る広域農道。その名の通り、周辺の畑では柿や桃、ミカンなど四季折々の果物が栽培されている。
今は李の花が満開で、例えば、かつらぎ町の平沼田トンネル付近の山斜面では、10数本の李の古木が、桜のような無数の白い花を咲かせ、暖かな春風に吹かれていた。
紀の川フルーツラインは、高野山真言宗総本山・金剛峯寺や、丹生都比売(にうつひめ)神社の参拝・観光客なども心地よく利用するコース。この季節、李の花や山河を眺め、「すもももももももものうち」と呟きながら、スマホ撮影などを楽しんでいる。
写真(上)は和泉葛城山系や紀の川を背景に満開の李の花=かつらぎ町で。写真(中)は逆光にかがやく李の花。写真(下)は李の花のクローズアップ。

更新日:2021年3月18日 木曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事