ニュース & 話題

完成!山田さつきこども園♡橋本3園統合・4月開園

和歌山県橋本市の3保育園を統合する、社会福祉法人・寿翔永(ことぶきしょうえい)会の公私連携「山田さつきこども園」(同市柏原372の1)が完成した。3月16日に神事・記念植樹式が行われ、4月1日開園する。
同園は鉄骨平屋鋼板横葺き約961平方メートルで、園庭885平方メートル、敷地面積は約2955平方メートルの広さ。
園舎には乳児、ほふく、調理、調乳、ゆうぎ、保育、幼児用トイレ、表にはプールや遊具などが設けられ、定員は3か月児〜小学校就学前の子ども123人を予定している。
理事長は永山勝利(ながやま・かつとし)さん、園長は中西直子(なかにし・なおこ)さん。
理念は「子ども達が幸せに過ごせるよう、生活の場を保護し愛護するとともに、乳幼児の健全な発達を助長し、教育並びに保育を一体的に行える環境を整え実施する」としている。
同園は1978年(昭和53)に開園した市立岸上保育園、翌年開園した柏原(かせばら)保育園、1982年(同57)開園の山田保育園の3園を統合した公私連携施設としてスタートする。
神事・記念植樹は3月16日、同市の隅田八幡神社の寺本佳文(よしふみ)禰宜(ねぎ)や永山理事長、平木哲朗(ひらき・てつろう)市長らが行うことになっている。
写真は、完成した「山田さつきこども園」で、園舎やプール、遊具などで、すべて綺麗に仕上がり、子どもや保護者に喜ばれそう。

更新日:2021年3月14日 日曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事