ニュース & 話題

ビアガーデン初オープン♪12日~橋本商工会館前

和歌山県橋本市市脇の国道371号交差点わきの橋本商工会館前・駐車場で、6月12日(金)、同会館前初の「食べ放題&飲み放題 ビアガーデン」がオープンする。主催するラポール橋本商工会館の岡谷孝(おかたに・たかし)支配人は「家族、友人、職場仲間が集い、夏の夜を楽しんでください」と言っている。8月23日(日)まで。毎週月曜は定休日。
同会館は、駐車場の一角にテント3張り(長さ21・6メートル、幅3・6メートル)を設置。「ラポール橋本ビアーガーデン」の看板を掲げて約60席を用意。テントの上には、LED設備で、夏の虫が寄ってこないようにし、国道371号交差点側は、安全性と雰囲気を考え、装飾シートで囲うことにしている。
酒類は生ビール、チューハイ、焼酎、ハードシードル(果実酒)、ハイボール。料理は焼き肉、焼き鳥、野菜類などで、例えば生ビールは自分でジョッキに注ぐ、焼き肉はカセットグリルで網焼きするなど、すべてセルフサービス方式。
また、表に音響設備も設け、橋本市出身の人気歌手・ウインズ平阪さん作詞作曲の紀の国わかやま国体・紀の国わかやま大会イメージソング「明日へと」など、人々が親しめる音楽を流し、カラオケで歌を楽しめる機会も設ける。盆踊りやミニコンサートなども検討中。
すべて「食べ放題&飲み放題」で、料金は男性3300円、女性2800円(いずれも1人、税込み)で、営業時間は午後5時~9時、食事は1人2時間以内。予約が賢明。
6月12日の初日は、橋本ちんどん笑会のチンドン屋さんが登場して、笛太鼓も賑やかに練り歩くことになっている。
岡谷支配人は「商工会館前は、皆さんが集いやすい、いわば便利な広場なので、皆さんに楽しんでもらえることは何かと考え、先ず、ビアガーデンとしました。ぜひ、お越しください」と張り切っている。
写真(上、下)はテント設営を済ませた橋本商工会館前のビアガーデン開催地。写真(中)は初のビアガーデンを企画した岡谷支配人。

更新日:2015年6月4日 木曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事