ニュース & 話題

「生きている!」テーマに作品展~県立近代美術館

なつやすみの美術館4 生きている!

「人間の暮らしを主題にした作品」「いろいろな生物を通して生きることを表現した作品」「生老病死などさまざまな問題に出会った時の感情表現」「生きているように感じられる形と色の表現」の4視点から「生きている」表現を鑑賞する。

期間=2014年7月12日(土)~9月23日(火・祝)。

和歌山県立近代美術館(〒640・8137 和歌山市吹上1の4の14、電話073・436・8690 FAX073・436・1337)

開館時間=午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)

休館日=月曜日(ただし7月21日、9月15日は開館し、7月22日、9月16日が休館)

観覧料=一般510円(20人以上の団体410円)、大学生300円(同250円)=7月23日(水)~8月29日(金)は「夏の節電アクションプラン」で平日半額となる。一般250円(同200円)、大学生150円(同120円)。ただし高校生以下、65歳以上、障害者の方、県内に在学中の外国人留学生は無料。毎月第4土曜日は「紀陽文化財団の日」として大学生無料。

▽ダンス・ワークショップ=7月27日(日)午後0時半~同3時半、2階ホールで。ダンスカンパニー「マドモアゼル・シネマ」とともに「生きている!」を身体で表現する。定員20人、小学校高学年以上、事前申込制(詳細は同館HPか電話で確認)。共催=NPO和歌山芸術文化支援協会。

▽フロア・レクチャー(学芸員による展示解説)=7月21日(月・祝)、9月6日(土)、9月23日(火・祝)の午後2時~展示室で。

▽こどもギャラリートーク(子供たちを対象とした展示解説)=8月3日(日)、9日(土)、17日(日)、23日(土)の午後2時~展示室で。

▽たまごせんせいと「わくわくアートツアー」(和歌山大学の学生による観賞ガイド)=8月12日(火)~15日(金)、20日(水)~22日(金)の各日午前11時~、午後1時半~、同3時~の3回、展示室で。

写真(上)は「生きている 暮らしがある」、写真(中)はいろんなものが生きている」、写真(下)は「生きていると いろいろある」=いずれも広報チラシから。

更新日:2014年7月11日 金曜日 19:49

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事