ニュース & 話題

ゆるキャラ〝かきおうじ〟「十六茶」TVCM出演

〝フルーツのまち〟和歌山県かつらぎ町のイメージアップキャラクター「かきおうじ」が、県代表として、アサヒ飲料株式会社(本社・東京都墨田区)の製造販売する「十六茶」のテレビCMに出演することが決まり、2月13日、同社の加納勝・近畿支社長が井本泰造・かつらぎ町長を訪問し、「かわいい〝かきおうじ〟の出演で、十六茶に対する親近感を持っていただきたい」と挨拶した。
かつらぎ町は、フルーツ王国として名高く、とくに柿の名産地であり、「かきおうじ」「ももひめ」「なしじい」「いちご娘」「ぶどう兵団」の5つのキャラクターがある。「かきおうじ」は今回154のご当地キャラクターの中から選ばれた54キャラクターの中の一つ。
テレビCM(15秒)では、女優の新垣結衣(あらがき・ゆい)さんが、「十六茶」を持って明るく歌い踊ると、それに合わせて「かきおうじ」など大勢のキャラクターも楽しく踊るという内容で、2月~3月上旬、6月と7月に出演する予定。
この日、加納支社長は「消費者に親近感を持っていただくよう、かきおうじなど身近なキャラクターに登場していただくことになりました」と説明。井本町長は「当町名産の柿ブランド力が、さらに全国に周知されれば有難い」と話した。
写真(上)はアサヒ飲料の「十六茶」テレビCM出演が決まったかつらぎ町のイメージアップキャラクター「かきおうじ」と記念撮影する井本町長(左)と加納支社長。写真(中)は井本町長にテレビCMの趣旨説明などをする加納支社長ら。写真(下)はかつらぎ町の5つのイメージアップキャラクター=真ん中が「かきおうじ」。

更新日:2013年2月13日 水曜日 16:37

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事