ニュース & 話題

台風で紀ノ川鉄橋レール曲がる~補修点検で電車不通

    台風で不具合が生じた南海高野線・紀ノ川鉄橋
    台風で不具合が生じた南海高野線・紀ノ川鉄橋
    台風で不具合が生じた南海高野線・紀ノ川鉄橋
    南海高野線・紀ノ川鉄橋で線路補修にあたる作業員ら
    橋本市の南海高野線・紀ノ川鉄橋
    橋本市の南海高野線・紀ノ川鉄橋

9月5日午前9時すぎ、台風12号の影響で和歌山県橋本市の紀ノ川を渡る南海高野線の鉄橋に不具合が生じていることが分かり、同線の橋本駅~極楽橋間で電車の運転を取りやめ、鉄橋の点検修理にあたっている。
南海電鉄の話によると、今回の雨台風による増水で、同鉄橋に圧力がかかり、レールに傾き、もしくは歪みが生じた。このため電車の運行は危険と判断し、点検修理を行っている。圧力は単なる水圧ではなく、上流から流れてきた岩石か車などの重い漂流物が、激しくぶつかったためではないかと見ている。
南海電鉄では、とりあえず橋本~紀伊清水~学文路~九度山~高野下~下古沢~上古沢~紀伊細川~神谷~極楽橋(電車)~高野山(ケーブルカー)間について、バスで振り替え輸送。午後6時ごろからは、紀伊清水~極楽橋間の電車、極楽橋~高野山間のケーブルカーを走らせる予定。
鉄橋の復旧については、「原因調査や点検結果が出ていないので、今のところ分からない」といっている。
橋本駅では、状況をアナウンスするとともに、乗降客の問い合わせに追われている。鉄橋上では、20~30人の作業員が、断続的に降る大雨の中、レール補修につとめている。

更新日:2011年9月5日 月曜日 17:04

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事