ニュース & 話題

願意とどけ!と火渡り~役行者ゆかり・橋本の小峯寺

奈良時代の修験道の開祖・役行者(えんのぎょうじゃ)が修練したと伝わる和歌山県橋本市小峰台の寶雲山(ほううんざん)「小峯寺(おみねじ)」=拝田賢翔(はいだ・けんしょう)住職=で、善男善女の願意を祈る「柴燈大護摩祈祷(さいとうおおごまきとう)」と、裸足で火渡りする「火生三昧(かしょうざんまい)法要」が営まれた。
拝田住職ら約10人の修験者(山伏)は3月13日、本堂に参集。秘仏・馬頭(ばとう)観世音菩薩をご開帳して御祈祷し、山内の御堂で祈願の後、境内の竹と縄で囲んだ結界(けっかい)の中で、修験者独特の儀式を行った。
結界入口で激しい問答のうえ、やっと許可された修験者の列が入場。大斧(おおおの)を振り下ろし、剣(つるぎ)を操(あやつ)り、四方の空に弓矢を射って場を清める。「ブゥオオー」と吹き鳴らす法螺貝(ほらがい)の音を合図に、大護摩に点火すると、火は瞬く間に猛煙を巻き上げ、太い火柱となって燃え上がった。
拝田住職は、朱塗りの大傘の下から、他の修験者らとともに、人々の願意を書いた護摩木を、次々と炎の中に投げ入れ、呪文を唱えながら、諸願成就を祈願。結界の外の善男善女も一心不乱に手を合わせた。
この後「火生三昧」は、修験者たちが、まだ炎の上がる大護摩の灰をならし、〝灰の道〟をつくって開始。善男善女が裸足で、恐る恐る炎の帯の間の〝灰の道〟を通り抜けると、願意を届けた輝かしい顔になっていた。
橋本フォトクラブの濱口進(はまぐち・すすむ)会長は「写真撮影で小峯寺に来たのは初めてです。橋本市の市街地近くに、こんな素晴らしい緑の森と、荘厳な寺があり、昔ながらの修験者の儀式が行われているのに驚きました。いい見聞ができて、心洗われました」と喜んでいた。
小峯寺は、延宝6年(1678)に鋳造された梵鐘の銘文に「小峯山は奈良時代、役行者が滞在し、修練したところで、小峯寺はこのときに始まる」、また「山は五色の霧が立ちこめることから、山号を寶雲山、小峯寺の名は修験道の霊場・大和国大峯山に対比していう」という意味の文が記されている。
写真(上)は小峯寺の山内を進む拝田住職と修験者の列。写真(中)は高く立ちのぼる大護摩の炎。写真(下)は熱々の「灰の道」で火生三昧に挑む人々。撮影=いずも濱口進会長。

更新日:2016年3月15日 火曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事