特集

<お知らせ>庭球野球(TE-YA)体験いかが

和歌山県橋本市高野口町の高野口地区公民館は、7月4日(土)、伊都高校・伊都中央高校の体育館で、わかやま国体応援「庭球野球(TE-YA)」体験教室を開催することになり、参加者を募集している。北浦健司(きたうら・けんじ)館長は「昔から〝三角ベース〟などと呼ばれた子供の遊びに、新たなルールを加えた、多くの世代が楽しめるスポーツです」と、参加を呼びかけている。
同公民館館が主催、和歌山庭球野球協会と高野口ファインクラブが共催。テーマは「家族団らん」で、出場資格は高野口町在住の方。
チーム編成は、家族単位の編成で、6人以上10人以内(但し、60歳以上1人、小学生以下1人を含む)とし、試合そのものは6人編成で行う。1家族でチーム編成が出来ない場合、橋本市在住の親戚、友人を含めてもOK。
試合は公民館特別ルールで▽先攻、後攻は代表者のじゃんけんで決める▽3イニング制で、1試合20分の時間制▽2イニング終了時点で8点差がついた場合はコールドゲームとする▽3イニング終了時に同点の場合は、代表者によるじゃんけんで勝敗を決める▽それ以外のルールは和歌山庭球野球協会のルールに準ずる。
運動靴を着用。素足は認めない。
申し込み締め切りは6月20日(土)。申し込み場所は高野口地区公民館(電話0736・33・3111、FAX0736・43・0898)へ。
なお、「庭球野球(TE-YA)」の本大会は、紀の国わかやま国体のデモンストレーションスポーツとして9月13日(日)午前8時~午後4時、和歌山県立橋本体育館で開催される。
写真は橋本市役所玄関の紀の国わかやま国体の開催カウントダウン看板。橋本市が募集した国体PRポスター図画作品の高校・大学・一般の部の最優作品「橋本市の競技を紹介!」=村尾綾子(むらお・あやこ)さん制作。

更新日:2015年6月3日 水曜日 21:55

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事