特集

南海電鉄「昔の写真」を募集、なんば駅や車内展示へ

南海電鉄・高野線の高野下駅(和歌山県九度山町椎出)にある「南海思い出ミュージアム」は、なんば駅でのパネル展や電車内の吊広告枠などに出展する「南海電鉄の昔懐かしい写真」を募集している。同電鉄では「皆さんの写真を展示することによって、南海電車の歴史とともに、皆さん一人ひとりの思い出を振り返っていただきたい…」と、積極的な応募を期待している。
応募の写真内容は、すべて南海電鉄に関するもので、「古い駅舎」や「かつてを走っていた車両」、「沿線の風景」(現像、またはデータを保存したCD-R)など。「写真を撮影した年代や場所など、なるだけ詳しい説明文を添付してほしい」としている。応募者の中から抽選で10人に南海オリジナルグッズをプレゼント。プレゼント当選者には、6月中に電話で連絡する。
募集期間は2011年2月23日(水)~5月31日(火)。応募資格はイベントなどでの無償使用に同意する人。応募方法は、便箋などに郵便番号、住所、氏名、電話番号、写真撮影の年代や場所などの説明文を添えて郵送する。宛先は、〒542-8503(住所不要)南海電鉄・営業推進室「南海思い出ミュージアム」係。著作権、肖像権などの詳しい応募要項は、「南海電鉄」ホームページ「南海思い出ミュージアム」で確認すればよい。
「南海思い出ミュージアム」は、昨年12月オープンした。鉄道部品などの常設展示や、駅名看板の昭和初期デザインへの復刻などを行い、乗降客や鉄道ファンから好評を博している。

更新日:2011年3月21日 月曜日 14:09

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事