ニュース & 話題

木洩れ日の散策楽し♡橋本・杉村公園〜サツキ咲いて

梅雨の晴れ間に恵まれた5月23日の日曜日、和歌山県橋本市御幸辻の杉村公園では、木洩れ日の道も、サツキ(皐月)の花も美しく、家族連れらが明るい笑顔で散策していた。
ここは南海高野線・御幸辻駅北西側の広大な高台森林公園。頂上は緑の芝生、坂道はサツキ開花、遊園地は、ぶらんこなど遊具でいっぱい。
新しく設けられた駐車場は、ほぼ満車状態で、家族連れや若いカップルらが、元気よく散策したり、ビニールシートの上で食事を味わったり。
沿道では真っ白なサツキや、紫の野アザミの花が咲き、「メダカ&トンボの池」では綺麗な柵が設けられていて、人々の顔から安堵感があふれる。
とくに或る2輪のサツキは、仲よく向いあって開花、そばでは小さな蕾(つぼみ)がふくらんでいて、まるで若夫婦が、生まれてくる赤ちゃんを待っているような光景。
橋本市民には、唯々、見慣れた風景だが、大阪など県外から訪れる人々は、「大都会にない、なんとも言えない、素晴らしい公園ですね」と喜んでいる。
天気予報では「ふたたび梅雨空が戻る」らしい。
写真(上)は杉村公園の初夏の木陰の道を行く家族連れ。写真(中)はまるで若夫婦と子供のような白いサツキの花。写真(下)は新しい柵が設けられ観覧しやすくなったメダカ&トンボの池。

更新日:2021年5月24日 月曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事