ニュース & 話題

好評♪「テーブル写真展」~紀の川畔レスト&カフェ

店内の卓上のアルバムを開けば、ふる里の楽しい写真が見られるという、和歌山県橋本市岸上の「REST&CAFE 志野」=木多浦(きたうら)しのぶさん経営=での、珍しい「テーブル写真展」が、お客様から好評を博している。
撮影者は橋本在住のフォトライター・北森久雄(きたもり・ひさお)さんで、北森さんはパノラマ状の「志野」の窓から見た素晴らしい景色に感動して、木多浦さんと相談のうえ、「テーブル写真展」を企画、昨年秋から実行した。
アルバムに「テーブル写真展」と表示。北森さんの作品16枚を挿入、「自由にご覧ください」と記して、同じアルバム計5冊を店内のカウンターやテーブルに置いた。
写真は同店の玄関にいる愛犬・サブちゃん(オス・14歳)や、源平桃の枝の群雀(むらすずめ)など、いずれも心ほのぼのとさせられる作品ばかり。
今は、紀の川堤防上を「愛犬と散歩する女性」、「国城山の麓にわきあがる白雲」、「紀北工業高校生のマラソン風景」、「雪の高野山・壇上伽藍」なども加わり、計約30枚となっている。
木多浦さんは「皆さん、飲食や会話だけでなく、テーブルの写真展に見入り、喜んでくれています」とにっこり。北森さんは「これからも四季折々の風景をカメラでお伝えしたいと思います」と言っている。
「北森久雄」さんはNHK「投稿ビデオ」で、橋本・伊都地方の伝統行事などを、楽しく紹介していることでも名高い。
「REST&CAFE 志野」は紀の川・橋本高野橋~産直市場「やっちょん広場」間の同川北岸・道路沿いにある。
写真(上)は愛犬と散歩する女性。写真(中)は紀北工業高校生のマラソン風景。写真(下)は国城山の麓にわきあがる雲。

更新日:2019年3月18日 月曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事