ニュース & 話題

♪合唱集団「おとだま」♪10周年記念コンサート♪

和歌山県橋本地方の合唱集団「おとだま」=下ノ上文和(しものうえ・ふみかず)代表=の発足10周年記念「おとだまコンサート」が、9月3日、同市東家の橋本市民会館で開かれた。
合唱集団「おとだま」は、平成19年(2007)9月に音楽を愛する市民らで結成。現在会員は30~50歳代の計15人(女性11人、男性4人)。これまで毎年、公民館や文化会館など小会場でコンサートを開く一方、橋本・杉村公園での「橋本市ふる里よいとこ探しナチュラルブレイク」などのイベントにも参加。子供たちとともに仲よく歌ってきた。
この日「おとだま」会員や紀見東・紀見北の両中学校音楽部の生徒、会員の子供たち合わせて約60人が出演。下ノ上代表と西部杏沙(にしべ・あずさ)さんが指揮、外山智絵(とやま・ちえ)さん、芥子明美(けし・あけみ)さん、上硲啓子(うえさこ・けいこ)さん、中田ハナさん、井上眞央(いのうえ・まお)さん、児玉紀理子(こだま・きりこ)さんが伴奏した。
例えば、会員らが「大きな古時計」や「旅愁」などノスタルジアを感じさせる歌や、紀見東・紀見北中の音楽部員が協賛出演して「WINDING ROAD」などの歌を披露。
また「おとだまキッズ」が共演して、会場の人々と共に「世界に一つだけの花」などを歌い、ラストステージでは「歩いて帰ろう」を全員で合唱した。とくに子供たちが手拍子をとり、ダンスをまじえて、元気に可愛く歌うと、会場の約400人から大きな拍手が起きていた。
下ノ上代表は大勢の参加に謝辞を述べ、「これからも『おとだま』一同、20年、30年…と頑張ります」と話していた。
写真(上)は合唱集団「おとだま」会員と共演する紀見東・紀見北中生や子供たち。写真(中)は発足10周年記念で歌う「おとだま」会員ら。写真(下)はダンスしながら可愛くうたう子供たち。

更新日:2017年9月4日 月曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事