ニュース & 話題

ありが湯祭&収穫祭♪やどり温泉で餅つき振る舞い

〝大阪に近い秘境〟と言われる、和歌山県橋本市北宿の玉川峡(紀伊丹生川)にある市設民営・温泉宿泊施設「やどり温泉いやしの湯」=西裕生(にし・ゆうき)社長=で、11月27日(日)、「ありが湯祭(ありがとうまつり)&収穫祭」が開かれる。
午後1時30分、平木哲朗(ひらき・てつろう)市長や西社長が開会挨拶を予定。同45分から、温泉前の駐車場で「餅つき&お餅振る舞い」、同3時から「餅まき&景品交換」がある。餅つきは、名物・高野町筒香の黒米(くろまい=もちごめ)2斗(15キロ)を使用。大人も子どもも自由に参加できる。
また、温泉施設内のお食事処「おかん’s Café」では、はしもと里山学校の子どもたちが同市柱本の棚田でつくった黒米、同市西畑の産直市場「くにぎ広場」が栽培収穫した名物・畑ごんぼ、高野町筒香の富貴・筒香田んぼつくりタイが収穫した高野松茸や筒香新米、高野町花坂の花坂さくら会の手作りピリ辛こんにゃくや金山寺味噌などを展示販売する。
西社長は「最近はNHK大河ドラマ真田丸の放送で、幸村ゆかりの九度山町からお客様が来られます。それにこのたび世界遺産に追加登録が決まった黒河道(くろこみち)は、橋本市賢堂から、当温泉に近い市平を経て高野山に登ります」と説明。「ぜひ、温泉で心身を癒してほしいと話した。
「ありがとう湯祭&収穫祭」当日は「おかん’s Café」メニューの一部変更、食事提供も午後4時まで。イベント内容も変更する場合がある。また、車の混雑を予想し、「お誘い合わせのうえお越しください。駐車場所は係員が誘導します」と言っている。
同温泉の営業日は金・土・日・月曜日と祝日(GW・お盆・年末年始は特別営業)。営業時間は午前11時~午後9時(最終受付は同8時)。
写真(上)は「ありが湯祭(ありがとうまつり)&収穫祭」の餅つきイラスト=チラシより。写真(中)は名湯・やどり温泉いやしの湯の温泉。写真(下)は玉川峡の紅葉が綺麗な「やどり温泉いやしの湯」。

更新日:2016年11月21日 月曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事