ニュース & 話題

幸村グッズ・ゲットへ♪観光客「真田のみち」巡る

戦国武将・真田幸村ゆかりの和歌山県九度山町で、真田3代や真田十勇士のキャラクターが貼られた電柱をめぐり、QRコードから得点、商品券や賞金を射止める「真田幸村モバイル スタンプラリー」が行われ、観光客を楽しませている。12月18日まで。参加無料。賞品当選発表・商品発送は来年1月頃の予定。
NHK大河ドラマ「真田丸」で盛り上がる同町の通称「真田のみち」(九度山商店街=南海・九度山駅~紀の川・九度山橋間)周辺の電柱13本には、真田昌幸・幸村父子、幸村の嫡男・大助、猿飛佐助ら真田十勇士のイラスト入り電柱カバーが取り付けられている。
参加方法は先ず、ポスター・チラシに掲載されている登録用QRコードを携帯電話・スマートフォンで読み取り、スタンプラリーへの参加登録を行う。次に真田3代や十勇士のキャラクターが貼られた電柱付近に設置された「スタンプ用QRコードを読み取り、専用サイトへアクセスすると、幸村や十勇士をデザインした電子スタンプを獲得できる。
さらにジャンケン勝負の画面でジャンケンをし、その結果に応じてポイント(勝ち3、あいこ2、負け1ポイント)が与えられる。ポイントを集めて応募すると、抽選により総勢666人に商品券や商品が当たる。
応募は真田幸村賞」の場合、13ポイント以上で可能で、商品は九度山町内商品券5000円分(5人)、「真田昌幸賞」は同10ポイント以上、真田グッズ詰め合わせ3000円相当(10人)、「真田大助賞」は同6ポイント以上、真田タオル(30人)、「真田十勇士賞」は同3ポイント以上、真田クリアファイル(620人)。
「完全制覇賞」として13個すべての電子スタンプを集めて応募すると、抽選で平成29年の紀州真田まつり武者行列への参加権(武者・旗持ち)が1組2人に当たる。
ポスター・チラシは南海電鉄の主要駅、九度山町内の要所に用意。参加は無料だが交通費やデータ通信費は各自負担となっている。
観光客は九度山真田ミュージアムや世界遺産・女人高野別格本山・慈尊院、道の駅「柿の郷くどやま」などを巡るほか、
家族連れや若いカップルらは今回のスタンプラリーの舞台「真田のみち」周辺の散策も楽しんでいる。
問い合わせは九度山町まちなか活性化協議会(九度山町産業振興課)=(電話0736・54・2019)。
写真(上、下)は真田幸村らのかわいいキャラクター。写真(中)はチラシに印刷された参加登録用QRコード=チラシより。

更新日:2016年10月29日 土曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事