ニュース & 話題

大雨、洪水、暴風警報!橋本市が防災無線などで発表

和歌山県橋本市の防災はしもとは9月20日午前9時、台風16号関連情報を市内の防災行政無線、携帯電話メールで発信した。
それによると20日午前5時14分発表とし、橋本市全域に大雨、洪水、暴風の各警報と雷注意報を発令。[土砂災害]警戒期間は20日昼前から同日夜遅くまで。注意期間は20日朝から21日未明まで。[浸水]警戒期間は20日昼前から同日夕方まで。注意期間は20日朝から同日夜のはじめ頃まで。1時間最大雨量80ミリ。
[洪水]警戒期間は20日昼前から同日夜遅くまで。注意期間は20日朝から21日未明まで。はん濫に注意。
「風」警戒期間は20日昼前から゜同日夕方まで。注意期間は20日朝から21日明け方まで。南の風。「雷」注意期間は20日夜遅くまで。竜巻に注意としている。
追加情報=20日午前11時37分現在、和歌山県は竜巻などの激しい突風が発生しやすい気象状況になっている。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合は、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。落雷、ひょう、急な雨にも注意してください。
写真(上)は防災無線。写真(中)は20日昼前の橋本市の京奈和自動車道・橋本IC付近の光景。写真(下)は携帯電話メール。

更新日:2016年9月20日 火曜日 09:39

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事