ニュース & 話題

台風11号、紀の川に濁流!~避難勧告や通行止めも

大型で強い台風11号は、高知県室戸市付近に上陸した後、紀伊半島を暴風に巻き込みながら北上を続けていて、和歌山県と和歌山地方気象台は、7月17日午前8時現在、引き続き橋本市域に暴風・大雨・洪水警報、雷注意報を発令中。
橋本市の紀の川に注ぐ大谷川で16日、氾濫の危険性が高まったとして、同市学文路、南馬場の紀陽団地、七福団地の158世帯429人に対し出された避難勧告は、17日朝も続行中で、一部市民は学文路小学校に避難している。
橋本市消防本部は、大谷川付近にポンプ車など数台を出動させ、氾濫を警戒。今のところ洪水、道路冠水、家屋浸水は出ていないが、橋本市防災推進室は「河川氾濫」「土砂災害」などを警戒、市民に安全対策を呼び掛けている。
一方、橋本市道・山田~菖蒲谷線の菖蒲谷橋付近は、土砂崩れ(約10メートル)が発生したため、通行止めになっている。
問い合わせは橋本市総務部防災推進室=電話(代表0736・33・1111)FAX(0736・33・1665)
写真(上)は濁流がうずまく紀の川=橋本市岸上の産直市場「やっちょん広場」付近。写真(中)は紀の川に注ぐ大谷川河口付近にポンプ車などを出動させ洪水を警戒する消防関係者。写真(下)は紀の川を渡る南海高野線の鉄橋橋脚を洗うすさまじい濁流。

更新日:2015年7月17日 金曜日 08:01

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事