ニュース & 話題

今宮戎の〝福笹〟作り出荷~「商売繁盛してね」

和歌山県橋本市隅田町の大弥(だいや)工芸=奥村浩章(おくむら・ひろあき)社長(70)=は、今年も「商売繁盛で笹持って来い」の掛け声で名高い、今宮戎神社(大阪市)のえべっさん用〝福笹(ふくざさ)〟の出荷作業に大忙しで、奥村社長は「福笹を飾り、明るい1年を過ごしてください」と、えびす顔を見せている。
大弥工芸の作業員計30人は、1月4日~8日、橋本市真土と同県紀美野町の竹薮で、太い孟宗竹(もうそうだけ)を伐採。その枝葉部分だけを最寄りの選果場に集荷。
さらに約20人の作業員が、選定ハサミを使って、長さ1メートルに切りそろえ、枯れた枝葉や、形の悪い枝葉を除去。100本を1束にし、3束を〝窓付き〟ゴザで巻いて、8、9両日、計11万本をトラックに積み込み、今宮戎へ納入。
今宮戎神社では、十日戎(9日=宵戎、10日=本戎、11日=残り戎)に、この福笹を参拝者に無料で配り、参拝者の希望に応じて、巫女さんや福娘たちが、福笹にお札や大判・小判、タイ、福俵などを飾りつけ、「商売繁盛でササ持ってこい」と、威勢よく販売することになる。
大弥工芸は、神社仏閣に朱印帳や杖などの木工品を製作・販売するのが本業。良質の孟宗竹が減少してきた10数年前、神社側から「紀州の竹笹がほしい」と頼まれ、竹藪所有者や地元住民の協力を得て、〝福笹〟納入を続けてきた。
奥村社長は「普段から、ダニ退治や間伐、施肥など、竹藪管理をしてきたので、今年も枝葉ともに青々とした、丈夫な〝福笹〟が出来ています」と説明。「ご自宅や店舗に飾って、最良の1年でありますように」と、招福を祈っていた。
写真(上、中)は今宮戎神社の〝福笹〟作りに大忙しの作業場。写真(下)はきれいに整えられ〝窓付き〟ゴザで巻かれた〝福笹〟。

更新日:2015年1月9日 金曜日 00:01

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事