ニュース & 話題

台風一過、白鷺もほっと~紀の川に余波の北風

台風19号が去った10月14日朝、和歌山県橋本・伊都地方は、雲の間から秋日が洩れて、橋本高野橋の下流の紀の川では、ほっとした表情の白鷺(しらさぎ)の群れが見られた。

台風は13日午後8時30分頃、大阪府岸和田市から東北東に遠ざかり、やがて橋本市域の大雨・洪水・暴風警報は解除された。

一夜明けた14日午前7時頃、紀の川はやや増水したものの、避難勧告も住宅・道路の浸水・冠水もなく平穏無事。北岸近くの浅瀬には、6羽の白鷺が集まって、踏み歩いたり、飛び上がったり。

堤防は、台風一過の北風に吹かれながら、散歩の人たちが次々と往来。「大型台風で、しかも、近くを通ったのに、風雨はそれほどでも」と、安堵していた。

写真は、いずれも橋本高野橋の下流の紀の川で、台風一過にほっとした表情の白鷺たち。

更新日:2014年10月14日 火曜日 08:44

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事