ニュース & 話題

〝迎春〟は紙人形に罪けがれ移し~丹生都比売神社

自らの罪やけがれを紙人形に移して清浄にする恒例の「大祓式(おおはらえしき)」が12月31日、和歌山県かつらぎ町上天野203の世界遺産・丹生都比売(にうつひめ)神社(丹生晃市宮司)で営まれる。
紙人形とは、同神社が半紙を人形(ひとがた)に切り抜いて作った「大祓人形(おおはらえひとがた)」。12月中、同神社境内に用意して受け付けているが、様々な事情で神社に来られない人たちには、郵送するなどしている。
希望者は「大祓人形」に氏名、年齢(数え年)を書いて神社に差し出す。神社はこれをとりまとめ、31日午後3時から、古式にのっとり、丹生宮司らが「大祓式」を執り行う。「大祓式」は「歳越の祓(としこしのはらえ)」とも言い、一人ひとりが知らず知らずのうちに犯した罪穢(つみけが)れを、神職が大祓人形に移し、祓い清めて、健康と弥栄を祈る。「大祓人形」は、式の前日までに持参、または郵送する。大祓の初穂料1000円以上の志納については大祓御幣(ごへい)を贈呈。毎年、大勢の参拝者が大祓式に参加、心身を清浄にして新年を迎えている。
写真(上)は半紙で作られた大祓人形。写真(中)は丹生都比売神社境内のテント内に用意された大祓式の申し込み用紙。写真(下)は丹生都比売神社境内に設けられたテント張りの受付所。

更新日:2012年12月23日 日曜日 13:13

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事