ニュース & 話題

珍しい〝花形柿〟ですよ…園児らに藤谷さん披露

「珍しい花形の柿がとれました」と、和歌山県橋本市原田のふれあいサロン「ゆうの会」代表・藤谷節代さんは、11月5日、地元の橋本市立橋本東保育園(前谷明子園長、園児60人)の園児らに、この〝花形柿〟を披露した。
柿は3つの富有柿で、いずれも花芯を中心に花びら4枚を開花させたような形。藤谷さんが前日、奈良県五條市の知人の柿畑で、収穫の手伝いをしていた際、妙な形の柿を発見。「ぜひ、子どもたちに見せてあげたい」と頼んで、もらって帰ったという。
この日、「ゆうの会」主催で、同保育園の園児24人が、地元の山で〝ミカン狩り〟をした際、この〝花形柿〟を披露すると、園児たちは「すごーい」「こんな柿、初めて」などと目をぱちくり。藤谷さんは「これもおべんきょうね」と、にっこり笑っていた。
写真(上)は五條市でとれた珍しい〝花形〟の富有柿。写真(中)は〝花形柿〟を披露する藤谷さん。写真(下)は〝花形柿〟とふつうの富有柿。

更新日:2012年11月5日 月曜日 13:02

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事