ニュース & 話題

〝創作劇〟や〝どじょうすくい〟楽し~高齢者学芸会

    石童丸物語で父子対面の一シーン
    石童丸物語で父子対面の一シーン
    石童丸物語で父子対面の一シーン
    スクリーンに投影される橋本の名所旧跡を前にお遍路夫婦役を演じる学生たち
    ユーモラスに「どじょうすくい」を演じる前川潔さんら
    ユーモラスに「どじょうすくい」を演じる前川潔さんら

高齢者の教養を深める〝橋本市民大学いきいき学園〟の学芸会が、和歌山県橋本市の教育文化会館2階大ホールで開かれ、詩吟や創作劇などを披露し、お互いの〝年齢のとり方〟を確かめ合いながら、師走のひとときを楽しんだ。
実行委員長の北森久雄さんが「学芸会とかけて、お母さんの作った家庭料理ととく。その心は…、〝うまいな〟〝うまいな〟~となるように演じてください」と笑わせ、中央公民館長の山本良和さんが「きょうは子どもになり、しかし、体のことを考え、〝ほどほど〟に、頑張ってください」と挨拶した。
1年生は元気よく365歩のマーチ」の体操ダンスを演じ、詩吟の合吟で「偶成(ぐうせい)」(少年老い易く学成り難し 一寸の光陰軽んず可からず…)や「不識庵桟山を撃つの図に題す」(鞭聲粛々夜河を過る 暁に見る千兵の大牙を擁するを…)、全員合唱「同期の桜」などで、絆のつよさを聴かせた。
2年生はコーラス「みかんの花咲く丘」「あざみの歌」などを懐かしく歌ったほか、前川潔さんら男性10人は、今回〝どうじょう総理〟誕生を記念して、「安来節」の歌に乗り、ユーモラスに「どじょうすくい」を披露、会場から大きな喝采と、笑いの渦が起きていた。
3年生は創作劇「橋本ってなかなかのもんやーほんまか?」(九鬼堅さん作)を上演。高野山を参詣する4組の夫婦が、開通間もない高野口駅に降り立ち、スクリーンに展開する映像で、駅前の葛城館や人力車、織物工場などを辿っていく。
途中、平安時代の親子の哀話「石童物語」を演じたり、同市の学文路苅萱堂保存会長・岩橋哲也さんが作詞、長女で音楽家の中西哉子さんが作曲した「千里親子旅(ちさとおやこたび)」を歌ったり。役者、映像、照明、音響、進行など〝裏方〟の奮闘もあり、ふるさと自慢の和やかな演芸会となった。
会場入り口わきでは、いきいき学園・写真クラブと水墨画クラブの作品が展示され、学生同士で、その出来栄えを讃えあっていた。

更新日:2011年12月15日 木曜日 12:36

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事