ニュース & 話題

咲いたよ芝桜♡&クローバー花壇~橋本・杉村公園

新型コロナウイルス感染拡大で、うっとうしい日々の続く中、和歌山県橋本市御幸辻の杉村公園・丸尾池の〝ハート&四つ葉のクローバー花壇〟で、4月11日、ピンクと白の芝桜が綺麗に咲きそろい、散策する家族連れらの心を癒している。
これは紀見地区公民館・南部ブロック長で、元・南海高野山駅の元駅長・原田保(はらだ・たもつ)さんらが提案。同市の依頼を受けてボランティア栽培してきた。
一昨年は堤に竹枠(たけわく)を組んで、ピンク色の芝桜をハート型(高さ・幅とも約5㍍)に植栽。翌年春には〝満開のハート〟が浮かび上がり、観光客や散策市民を喜ばせた。
今回はその左側で、真っ白い芝桜を同じ面積の四つ葉のクローバー型に植えて、丹念に草引きや水やり。今は「白の四つ葉のクローバー」と「ピンク色のハート」が、心地よい光景を放っている。
今は新型コロナ防止をめざし、やむを得ず自宅に閉じこもり、やむを得ず外出すれば、3密(密閉、密集、密接)に注意しなければならない息苦しい日々…。
家族連れらは、その気晴らしも兼ねて、三々五々と杉村公園を散策。数日前までは満開の桜、今は綺麗なミツバツツジ(三葉躑躅)を見上げた後、池の堤に現れた四つ葉のクローバー&ハートの〝花壇芸術〟に見入っている。
橋本市は現在、丸尾池東側で「杉村やすらぎ広場」(仮称)を建設中で、今年度中に芝生広場、駐車場、遊具、トイレなどが完成・オープンする予定。市民は「それまでに新型コロナ、退散してくれればいいが」と期待している。
写真(上)は四つ葉のクローバー型の咲いた芝桜。
写真(中、下)はハート型・芝桜と四つ葉のクローバー型・芝桜=杉村公園の丸尾池の堤。

更新日:2020年4月12日 日曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事