ニュース & 話題

高野山麓いと楽し♡観光スポット写真募集〜世界発信

和歌山県橋本・伊都広域観光協議会は、今年も第2回「高野山麓いと楽しフォトコンテスト」の作品を募集している。ふる里1市3町の自然・歴史・文化の魅力と、その観光スポットを国内外に発信するのが目的で、「皆様、ふるってご応募ください」とアピールしている。

応募期間は11月11日(木)〜12月20日(月)必着。

応募方法は、応募用紙にタイトル、撮影場所、氏名、住所、連絡先を記入し、作品裏面に貼付して事務局へ提出する。

作品企画は、組み写真、合成・加工作品は不可。プリント作品のサイズは、A4または四切り(ワイド可)。カラー、モノクロは問わない。

結果発表は令和4年1月下旬の予定。最優秀賞は1点(副賞・商品券30000円相当)。優秀賞は4点(同5000円相当)で、橋本市、かつらぎ町、九度山町、高野町の撮影地各1点が入選。特別賞(高校生以下)などもある。

第1回・同コンテストでは今年3月、かつらぎ町の総合文化会館「あじさいホール」で表彰式・展示会を開き、最優秀賞の「神域の秋」=新家益代(しんけ・ますよ)さん撮影=などを紹介。展示会は1市3町で順次行われた。今回の表彰式・展示会の場所・日程は検討中。

一方、高野山真言宗総本山・金剛峯寺や、丹生都比売(にうつひめ)神社など、橋本・伊都地方の観光スポットを周遊する「高野山麓世界遺産アクセスバス」は、今年も10月2日~11月28日の土曜・日曜・祝日(計20日)に運行する。

同観光協議会は「魅力さがしには、ぜひ、アクセスバスをご利用ください」と言っている。

問い合せは橋本・伊都広域観光協議会(事務局=伊都振興局企画産業課・電話0736・33・4909)へ。

写真(上)は第1回「高野山麓いと楽しフォトコンテスト」最優秀賞作品「神域の秋」。写真(中)は過去の高野山麓世界遺産アクセスバス運行初日の神職によるお祓い風景=丹生都比売神社・駐車場で。写真(下)は最優秀・優秀作品=チラシより。

更新日:2021年9月9日 木曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事