ニュース & 話題

夏日の川遊び楽しむ♡九度山・丹生川〜梅雨の中休み

戦国武将・真田幸村ゆかりの和歌山県九度山町の紀伊丹生川で〝梅雨の中休み〟の5月30日・日曜日、大勢の家族連れらが水遊びを楽しみ、新型コロナ禍のうっとうしい心を洗い流した。
ここは真田昌幸・幸村父子が暮らした、紀の川に注ぐ紀伊丹生川の河口付近。この日正午頃の最高気温は26度で、西北西の風約2メートルの夏日である。
家族連れ100数十人が、磧(かわら)にテントを張って、ゆったり時間を過ごす。子供たちは水流をさかのぼる遊泳に挑んだり、手持ち網で川魚を狙ったり。両親はその楽しそうな姿に、ほっと笑顔を見せていた。
今年は名高い「真田祭り」も中止したが、NHK大河ドラマ「真田丸」で脚光を浴びた郷土の人気は衰えず、道の駅「柿の郷くどやま」の駐車場は、近府県ナンバーの車でいっぱい。
家族連れらは弘法大師・空海のご母堂を祀る高野山真言宗別格本山・女人高野「慈尊院」や、紀州・真田ミュージアムなどを巡った後、梅雨晴れの川に心癒されていた。
写真(上、中)は川遊びを楽しむ子供たち=紀伊丹生川で。写真(下)は家族連れが楽しむ紀伊丹生川の河口付近。

更新日:2021年5月31日 月曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事