ニュース & 話題

満開!早咲き桜♡橋本・紀の川左岸〜散策も楽しく

和歌山県橋本市の紀の川左岸・南馬場緑地広場の桜並木で、3月14日の日曜日、数本の早咲き桜が満開となり、散策市民に春の訪れを感じさせていた。
この日の天候は、前日の雨も上がり、快晴。気温は7〜13度前後、微風で心地よい。
同緑地広場は、旧・学文路地区公民館のすぐ東北側の堤防(長さ約600メートル、幅約10メートル)で、約100本の桜並木が続いている。
そのうちの3本は満開、4本は咲き始めていて、満開の花々には、蜜をもとめる鶯の影がうごめき、近くの花壇ではスミレの花も色鮮やか。国城山、三石山、葛城山も遠望できる。
散策する市民らは、思わず花に顔を近づけて、暫時うっとり。若いサイクリストらも、桜を仰いで深呼吸した後、颯爽と走り去って行った。
住民有志でつくる「ふるさとさーくる学文路」の世話人は、「今年も新型コロナ禍で、提灯飾りはしませんが、この堤はとても空気が美しいので、マスク着用・3密注意さえ守れば、ゆったり桜見物を楽しめます」と話していた。
写真(上、下)は思わず見上げる南馬場緑地広場の満開の桜。写真(中)は颯爽と桜並木の堤防を走るサイクリストたち。

更新日:2021年3月15日 月曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事