ニュース & 話題

天野の里でコスモス満開♪天野米の稲穂波も美しく

世界遺産・丹生都比売(にうつひめ)神社のある和歌山県かつらぎ町の〝天野の里〟で、コスモス(秋桜)が咲き誇り、都会では味わえない初秋の風景を見せている。
ここは同神社とともに、「とてもうまい」と評判の天野米の産地で、ちょうど今、稲穂が実り、その畦道の一角に赤、白、ピンクのコスモスが開花。
近くの平安時代の歌人・西行法師(さいぎょうほうし)と、その妻娘(さいし)を祀る西行庵や、屋根も白壁も綺麗な古民家周辺などでも、爽やかな輝きを見せている。
訪れた参拝・観光客らは、水彩画のようなコスモスに心癒され、黄金色の稲穂波をバックにスマホ撮影。楽しいひとときを過ごしている。
すでに丹生都比売神社や高野山・金剛峯寺など、橋本・伊都地方の名所・旧跡スポットを周遊できる「高野山麓世界遺産アクセスバス」(~11月30日の土曜・日曜・祝日)が運行。便利な秋でもある。
写真(上、下)は稲穂波をバックに秋風に吹かれる天野の里のコスモス。写真(中)は古民家の近くで満開のコスモス。

更新日:2019年9月24日 火曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事