ニュース & 話題

忠龍の達磨画展・開幕♪ひかり苑~心打つ名言の数々

元・橋本警察署長で達磨(だるま)画家の渋田忠三(しぶた・ちゅうぞう)さん(79)=和歌山県岩出市根来=の「令和の夢 忠龍の達磨画展」が、9月15日、橋本市隅田町中島の特別養護老人ホーム「ひかり苑」1階・地域交流センターで開幕した。17日までの午後1時~同4時。観覧無料。
渋田さんは昭和34年(1959)に和歌山県警察官を拝命。橋本署長(平成8~9年)や海南署長(同11~12年)などを歴任した。
昭和55年(1980)に日本宗教画法学院・日本禅画家協会に入会以来39年間、達磨絵製作に励み、雅号は「渋田法眼忠龍(ほうげんちゅうりゅう)」。
自作の達磨画約1300点は、橋本商工会議所や社会福祉施設、ボランティア活動家らにプレゼント。警察署長からの感謝状や、友人知己への年賀状にも達磨画を添え、多くの人々に感銘を与えている。
この日、会場には「令和の夢」がテーマの作品約100点を出展。親しい県の伝統的工芸品・紀州高野組子細工の工芸師・池田秀峯(いけだ・しゅうほう)さんらが飾り付けた。
いずれも達磨画の衝立(ついたて)、屏風(びょうぶ)、額(がく)、掛け軸、色紙、短冊、扇子、うちわなどで、そこには「花よりも花を咲かせる土になろう」「花には水を 人には愛を」「海より広いのは空 空より広いのは人の心」「ころがせ転がせ まだ角がある」「ありがとう言った数だけ福がくる」など、渋田さんがこれまで感動した言葉が添えられている。
観覧した同施設のお年寄りや家族連れらは、眼光鋭い達磨の威厳とともに、「喝(かつ)」「佛心」「和」などの言葉にも感激し、楽しい表情を見せていた。
ひかり苑では、敬老の日の9月16日、恒例の「秋祭り」を開催。職員らが熊の着ぐるみ姿でユーモラスな相撲大会などを繰り広げる。最終日の17日までの間、併設の特別養護老人ホーム天佳苑(てんかえん)の利用者らと共に、達磨画展を観覧することになっている。
渋田さんは「私の達磨画から、少しでも幸せを感じてもらえたら、とてもうれしいです」と話し、堀畑光久(ほりはた・みつひさ)理事長は「皆様のご家族はもちろん、達磨画に興味のある方々は、ぜひ、お越しください」と呼びかけている。
この「令和の夢 忠龍の達磨画展」は10月9日(水)~同14日(月・体育の日)、同県岩出市根来2259の古民家「アートスペース紀の川」でも開催される。時間は午前10時~午後5時で観覧無料。場所は根来寺の東約200メートル。
渋田忠三さん=(電話・FAX=0736・61・1364、携帯=090・2103・9944)。
写真(上)は「忠龍の達磨画」を観覧する「ひかり苑」のお年寄りたち。写真(中)は写真(中)は達磨画に添えた名言を説明する渋田さん。写真(下)は眼光鋭い達磨画に見入る子供たち。

更新日:2019年9月16日 月曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事