ニュース & 話題

シラサギ飛翔、アユ友釣りも♪橋本・残暑の紀の川

和歌山県橋本市の高野山麓・紀の川で、アユの友釣りやシラサギの飛翔などが見られ、この地方特有の残暑の趣(おもむき)を感じさせている。
同市南馬場の紀の川では、数人の太公望が腰まで水につかり、流水に長い竿をあやつる。堤防では草々が、さわさわと風にそよいでいる
ある年輩の一人の釣り人は「朝から釣果はゼロです。それでも平気、平気。いつか釣れるのではと、竿を出すだけで楽しいよ」と笑った。
橋本高野橋の下流では、シラサギの群れが水面すれすれに飛んだり、浅瀬をゆっくりと踏み歩いたり。息をひそめてアユを狙っている。
堤防をジョギング中の人たちは、時々立ち止まって、アユの友釣りやシラサギの忍び足を眺めていた。
8月20日の橋本地方は、早朝、やや強い雨に見舞われたものの、その後は曇り空となり、午後3時頃の最高気温は31度前後。しばらくは木陰でも汗ばむような残暑が続きそう。
写真(上、中)は紀の川を飛翔、または踏み歩くシラサギ。写真(下)は紀の川でアユ釣りに挑む太公望。

更新日:2019年8月21日 水曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事