ニュース & 話題

紀の川・全流域に避難指示!台風21号で床下浸水も

超大型の台風21号が和歌山県・潮岬沖を北北東へ進む中、同県橋本市危機管理室は10月22日午後10時30分、紀の川の増水により、同川沿い地区全域に避難指示を発令した。南海高野線・学文路駅前では高台の谷水が溢れ、国道が冠水するなど状況は悪化しており、同管理室は「安全避難」を呼びかけている。
この日、紀の川の増水や学文路地区の大池の越水の恐れがあるため午後8時以後、学文路の大池の下流域住民や紀陽、七福両団地、さらに土砂災害警戒情報の発令に伴い、同市山田・吉原両地区住民に避難指示。
同10時過ぎには高野口町の垣花樋門と浦島川樋門付近の増水により、大野、向島、11時過ぎは倉谷池の下流域の向副地区住民に避難指示を発令した。
危機管理室は防災行政無線などで「対象地域の方々は、学文路、清水小、西部の各小学校、旧西部中学校、伊都中央高校、応其小学校へ避難してください。避難が困難な人は、建物の2階など、高い場所へ避難してください」と呼びかけた。
紀の川は朝から次第に増水し、橋本橋、橋本高野橋、岸上橋の橋脚部分は濁流が渦巻いた。午後9時30分頃には、南海高野線・学文路駅前に南側の高台の谷水が溢れ出し、国道は約50センチも冠水、車が走れない状態となった。
23日未明までに紀陽、七福両団や同市隅田町下兵庫、清水、北宿などで床下浸水の被害を受けた。
台風接近中の22日夕方は、橋本市役所近くのスーパーでは、会社員や主婦らが、早々と食料品を買い込み、「今夜は選挙結果が知りたい」「大型台風、なるべく遠くへ」「せっかくの日曜、ゆったり過ごしたい」などと、口々に話していた。
写真(上)は増水した紀の川=正面はJR・南海橋本駅周辺の市街地、左端は橋本橋。写真(中)は激しい雨の中を走るJR和歌山線の電車と橋本市役所周辺の市街地。写真(下)は増水した学文路付近を流れる紀の川の様子。

更新日:2017年10月23日 月曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事