ニュース & 話題

トランプがハトに変身?TOKIさん世界的・新人賞

和歌山県かつらぎ町大薮のプロマジシャン・TOKI(とき)=北出知義(きたで・ともよし)さん(27)=が今月、韓国・蔚山(うるさん)広域市で開かれれた国際的な「ウルサンインターナショナルコンベンション2016」で、プロマジシャン新人賞に価(あたい)する特別賞を受賞した。TOKIさんは「オリジナルな〝鳩出しマジック〟が高く評価されてうれしい。今後も皆さんに感動してもらえるマジック開発に取り組みたい」と張り切っている。
TOKIさんは6歳の誕生日に「マジック観賞」が大好きな祖母・政子(まさこ)さんから、マジック遊具・チャイナリングを贈られ、その2つの金属の輪を嵌(は)めたり、外(はず)したりする、不思議な遊びにのめり込んだ。
地元の小・中・高校から大阪商業大学を卒業する間、テレビのマジック放送などを次々に録画し、それを手本にして練習。小学6年生のときに、敬老会イベントで初舞台を経験し、19歳のとき、世界的に活躍中のプロマジシャン「深井洋正(ふかい・ひろまさ)&キ三カ」に弟子入り。師匠からは技術よりも「人々への気配りを大切にせよ」と、人間の神髄を叩き込まれてきた。
TOKIさんは、何もいないはずの体から、ハトを飛ばせる「ハト出し」や、ふんわりとテーブルが宙に浮きあがる「テーブル浮かせ」、両手の指の間から幾つもの玉を生み出す「四つ玉」の3つの妙技が得意。
すでに第17回福山マジック全国大会でグランプリ受賞、第18回同大会にゲスト出演(ナポレオンズと共演)するなど受賞多数。テレビやイベントでマジックを披露し、出演依頼も多く、まさに人気上昇中。
このほど韓国蔚山広域市で開かれた「ウルサンインターナショナルマジックコンベンション2016」のステージマジックで、開発したばかりのハト出し「北出の木の葉スピン」を初披露した。
差し出した両手のひらから、トランプカードを次々と繰り出し、最後にぱっとカードを飛ばすと、その瞬間、何もいないはずの手の裏側から真っ白いハトが現れ、颯爽と飛び立つ。その見事な新マジックは、多くのプロを唸らせた。
TOKIさんをプロマジシャンになるまで見守ってくれた祖母・政子さんは今年7月29日、哀しくも82歳で他界。TOKIさんは今回の受賞について、「真っ先に祖母に受賞報告しました。これからも誰もが感激してくれる新マジックを開発したい。マジックのオリンピックと言われる『FISM』マジック世界大会に出場し、グランプリを目指したい」と語った。
「TOKI」さんへの結婚披露宴・二次会・各種イベントなどの出演依頼は「TOKI」さん(電話=080・2440・6967)へ。
写真(上)は「ウルサンインターナショナルコンベンション2016」でプロマジシャン新人賞に値する特別賞を受賞したTOKIさん。写真(中)はハト出し「北出の木の葉スピン」を披露するTOKIさん。写真(下)は「ハト出し」するTOKIさん=名刺より。

更新日:2016年10月19日 水曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事