ニュース & 話題

京奈和道・紀の川~岩出9月開通へ~奈良側も着々と

国土交通省近畿地方整備局は、このほど京奈和自動車道・紀の川IC~岩出IC(延長5・7キロ)=和歌山県紀の川市~岩出市=が、今年9月開通の見通しと発表した。平成28年度中には、岩出IC~和歌山JCTも開通予定としており、橋本・伊都地方の住民は「とても便利になる」と期待している。
和歌山県伊都振興局元参事で、橋本市の久保進(くぼ・すすむ)理事の説明によると、現在、京奈和自動車道は、橋本ICの位置から見て、和歌山市方面はすでに紀の川ICまで開通。9月には岩出ICまで開通し、岩出IC~和歌山JCTも28年度中の開通を目指して工事を進めているという。
奈良方面はすでに五條北ICまで開通していて、それ以東については、建設中の五條北IC~御所南IC(7・2キロ)が28年度中の開通を予定。さらに建設中の橿原高田IC~橿原北IC(4・4キロ)は、現道を活用すれば、名阪自動車道・郡山下ッ道JCTまでスムーズに到達できる。
国交省は京奈和自動車道の整備効果として、「企業立地数が2・5倍」「製造品の出荷額が増加傾向」と紹介している。
橋本市では企業誘致を促進し、すでに30社が進出協定を締結。うち22社が操業していて、地元雇用や経済活性化の基盤となっている。それだけに早期開通が期待され、会社員や商店主、主婦らは「通勤、運搬、観光、買い物など、すべて便利になる」と喜んでいる。
写真(上)は急ピッチで建設中の岩出IC付近。写真(中)は京奈和道の工事進捗状況を示す和歌山・奈良南部の略図。写真(下)は紀の川西IC=左=から分岐して、岩出ICに向け工事が進められている京奈和道。

更新日:2015年7月21日 火曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事