ニュース & 話題

橋本市民病院〝読書コーナー〟300冊を補充

    橋本市民病院の〝読書コーナー〟
    橋本市民病院の〝読書コーナー〟
    橋本市民病院の〝読書コーナー〟
    JR橋本駅に保管されている〝善意の図書〟
    橋本市民病院の休憩所にある〝読書コーナー〟
    橋本市民病院の休憩所にある〝読書コーナー〟

歌山県橋本市小峰台の橋本市民病院(石井敏明・管理者)は、図書不足だった院内の読書コーナーに、JR橋本駅の「ゆかいな図書館」(阪口繁昭・世話人代表)から、融通してもらった図書約300冊を補充した。石井管理者は「患者や見舞い客に読書を楽しんでもらえる」と喜んでいる。
「ゆかいな図書館」の書架には、常時、小説や紀行文、詩、俳句、短歌など約1500冊を並べ、図書の持ち帰りを自由にしている。このため、返却されない図書も多いが、その分、全国の善意の人々から、宅配便などで贈られてくる図書を補充している。
図書の在庫は、ほとんど底をつく時期もあるが、現在、在庫は約3000冊にのぼり、橋本駅のコンテナに保管されている。
そこへ橋本市民病院から「経費節減のため図書購入ができない。できたら図書を貸与してもらえないか」と相談があり、同図書館は「相手は公立病院であり、図書を在庫で寝かして置くよりも活用すべき」と判断。貸与を決めたという。
橋本市民病院には、地下1階フロアの奥に読書コーナー(約500冊)があり、病院の3、4、5階の休憩所にも本棚があって、一般図書や週刊誌などを並べている。入院患者や見舞い客は、読書を楽しんだり、読書で時間待ちをしたりしているが、本棚は本不足で寂しく、「もう少し図書があればいいのに」という声が出ていた。
阪口代表は「全国から宅配便などで届く図書には、『図書を有効活用してほしい』という手紙がよく添えられています。その図書をコンテナで眠らせているよりも、より大勢の人たちに読んでもらうべきと考え、返却を条件にお貸しすることにしました」と、理解を求めている。

更新日:2011年11月20日 日曜日 07:26

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事