ニュース & 話題

しっとりと〝地蔵盆・灯ともし〟~愛宕山・盆踊り

    愛宕山の石段の両脇に並んだ〝置き灯籠〟の列
    愛宕山の石段の両脇に並んだ〝置き灯籠〟の列
    愛宕山の石段の両脇に並んだ〝置き灯籠〟の列
    ゆかた姿の女の子も上手に盆踊り
    愛宕山でしなやかに踊る善男善女たち
    愛宕山でしなやかに踊る善男善女たち

 和歌山県橋本市東家3丁目の真言律宗・妙楽寺(岩西彰真住職)所領の愛宕大権現・愛宕山で、8月24日夜、地元有志80人でつくる「あたご会」(笹山積穂会長)主催の〝地蔵盆・灯ともし〟の行事が行われた。
 愛宕山は、市街地の北側の小高い丘にあり、本殿には本尊・将軍地蔵が祭られている。この夜、約80段の長い石段の両側とその周辺に、計147基の〝置き灯籠〟が並べられ、1基1基、ろうそくに火がともされると、各灯籠に書かれた「東日本大震災復興祈願」「家内安全」「無念無想」などの、祈念文が浮かび上がった。
 岩西住職が本殿で読経して、これら祈願成就を祈った後、善男善女がゆかた姿で登場。境内中央に組まれた櫓(やぐら)を、二重、三重にかこみ、同市古佐田の歌手・薗(その)ひろしさん(キングレコード)の、調子のいい音頭に合わせて、しなやかに踊った。
 櫓から四方に吊るされた、提灯(ちょうちん)明かりのテーブルでは、地元の顔見知りの人たちが、肩を寄せ合って飲食。「愛宕山はええな」「みんな元気やな」などと、世間話に花が咲いていた。
 この〝地蔵盆・灯ともし〟の行事は、終戦後、長らく途絶えていたが、5年前に〝あたご会〟が復活させ、年々、参加者が増えて、今年は、約200人の家族連れらが、盆踊りなどに参加。大いに盛り上がっていた。

更新日:2011年8月24日 水曜日 21:56

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事