ニュース & 話題

ウインズ平阪さんに橋本市文化奨励賞♪作詞作曲歌唱

 和歌山県橋本市高野口町出身のアーティスト・ウインズ平阪(本名:平阪佳久=ひらさか・よしひさ)さんが、同市の平成30年度・文化奨励賞を受賞することに決まった。ウインズ平阪さんは、自らの意志で県内中心に芸能(作詞作曲・歌唱)活動を展開しており、市民は「一層のご活躍を」と讃えている。
 ウインズ平阪さんは、昭和33年(1958)高野口町名古曽生まれ。同61年(1986)にデビュー以来、シングル12枚、アルバム13枚、DVD2枚をリリース。自宅スタジオでレコーディングした山根康広(やまね・やすひろ)さんの「Get Along Together」が大ヒットした。
 上新電機(Joshin)や吉野家など50社以上のCM、紀の国わかやま国体・ねんりんピック紀の国わかやま2019などの多数のテーマソングを生み、橋本中央中学校の校歌を作詞・作曲。各地でのライブや、テレビ・ラジオのレギュラー出演、地元アーティスト育成を目指す「ウインズ音楽祭」や「和歌山音楽祭」なども開催してきた。
 橋本市内では、恋野の「あじさいまつり」「暴力追放橋本市民大会」「近畿商工会議所女性会連合会・橋本大会」「駅前パフォーマンス」などに出演。「高野口サンバ」「君が抱きたい」「橋本愛讃歌」などを披露、郷土愛や家族愛の素晴らしさを伝えてきた。
 11月3日の「文化の日」に同市教育文化会館で表彰式を開催。ウインズ平阪さんを囲み、小林俊治(こばやし・しゅんじ)教育長が功績を紹介、平木哲朗(ひらき・てつろう)市長が式辞、岡弘悟(おか ひろのり)市議会議長が祝辞を述べることになっている。
 写真(上)は人気のシンガーソングライター・ウインズ平阪さん。写真(中、下)は「恋し野 あじさい園」のあじさいまつりで。

更新日:2018年10月18日 木曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事