ニュース & 話題

「お知らせ」湯の里へ世界のクラシックカー70台集結

和歌山県橋本市神野々898の天然温泉「ゆの里」は、創立30周年を来年に控えて、今年11月5日(土)、世界のクラシックカーが集結する「VETRO MONTAGNA(ベトロモンターニャ)天然温泉 ゆの里」を開く。雨天決行。一般見学無料。
集結場所は「ゆの里」駐車場。開催時間は午前10時~午後2時。そこにEVスポーツカー「Tommykaira zz」を展示。橋本市出身でTommykaira zz開発のレーシングドライバー・白石勇樹(しらいし・ゆうき)選手をゲストとして招く。集結する世界のクラシックカーは70台の予定。
また、「ゆの里カフェ」ではドリンクや自家製パン、ゆの里ブースではコーヒーやサンドウィッチ、別ブースでは橋本の特産物を販売。お楽しみ抽選会もある。
天然温泉「ゆの里」では「30周年に向けて、このイベントで、一人でも多くの方々に橋本市、そして、ゆの里に来ていただきたい」とアピールしている。
白石選手は2013年「AFR(アジアンフォーミュラールノー)」にスポット参戦して、日本人初の優勝を飾るなど活躍。将来が期待される。
問い合わせは天然温泉「ゆの里」営業企画課(0736・33・1126)へ。
ヴェトロモンターニャ実行委員会、橋本市、橋本商工会議所、紀北川上農協など協賛。医療法人南労会・紀和病院、高野口運送(株)、SHOP HASHIMOTO、南海砂利(株)、たがみ印刷など協力。
写真(上)はEVスポーツカー「Tommykaira zz」。写真(中)は白石勇樹選手。写真(下)はクラシックカーのイラスト=チラシより。

更新日:2016年10月13日 木曜日 12:49

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事