ニュース & 話題

伊都中央高校が開校~校歌・校章を合唱・披露

まったく新しいスタイルで、立志、進取、協働を教育目標に掲げた和歌山県立伊都中央高校(橋本市高野口町名古曽)の開校・入学式が、4月9日、同校体育館で開かれ、仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事らが祝辞を述べて、男女新入生47人が誇り高き〝第1期生〟として、はつらつとスタートした。
同校は定時制・通信制の普通科・単位制高校で、定時制の42人、通信制の7人が入学。学舎は、定時制が県立伊都高校(2、3年生が卒業後に閉校)、通信制は県立紀の川高校(かつらぎ町)を使用する。
教員は伊都中央高校、伊都高校の各学年・組を担任するが、両校の教育全般、クラブ活動などを兼務する。教育のキーワードは「flexible」(フレキシブル=柔軟性)で、学ぶ時間帯、学び方、時間割、学校生活、修業年限など、自由に選択でき、「地域とともにある新しいタイプの学校」を目指している。
この日、開校式で新入生や保護者ら計約100人が国歌を斉唱。伊都中央高校・伊都高校の野田幹夫(のだ・みきお)校長が開校を宣言、式辞を述べた後、仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事や和歌山県教委の宮下和己(みやした・かつみ)教育長が「皆さんと協力して、いい学校にしよう」と来賓祝辞。
伊都高校・生徒会=栩野建夫(とちの・たてお)会長=8人と、音楽部員2人が、全国公募で選ばれた「伊都中央高校 校歌」=朝倉修(あさくら・おさむ)作詞作曲、鈴木勉(すずき・つとむ)補作=を合唱・披露した。
また、野田校長が原画を描き、紀州高野組子細工師の池田秀峯(いけだ・しゅうほう)さんが監修、似顔絵作家の養田敬子(ようだ・けいこ)さんが作画した真新しい「校章」が披露された。そのデザインは、高野口町が昔、養蚕地(ようさんち)だったことから、「カイコガ(蚕の蛾)」をモチーフとし、曲線に強弱をつけることで教育理念の柔軟性を出した。中央の「高」の字の下からは、両手で「高」の字を包み込むような3本の線をあしらい、「地域とともにある学校」を表現した。
開校式に続き、入学式が行われ、野田校長が「学校が変われば、地域が変わる、地域が変われば子どもが変わる。子どもが変われば、未来が変わるを合言葉に、新しい学校づくりを目指す」と誓い、来賓の木村宏樹(きむら・ひろき)PTA会長らが「無限の可能性があり、それぞれの夢に前進してください」と、生徒たちを激励した。
新入生は翌10日、伊都高校の2、3年生と対面、クラブ活動の紹介を受け、いよいよ「flexible」(フレキシブル=柔軟性)」な学校生活に挑むことになる。
▽伊都中央高校の校歌

青雲なびく 高野の峯
希望を奏で 風が舞う
青む英知 磨く徳
立志の瞳 たくましく
伊都中央高校 我が母校
開ける明日へ 進みゆこう

沃野潤し 滔々と
紀ノ川の水 澄むところ
重ねる努力 描く夢
新取の気概 たゆみなく
伊都中央高校 我が母校
集い学びつ 励みゆこう

歴史彩る 応其ケ原
勇躍の意気 溢れ湧く
揚げる理想 尽くす礼
協働の虹 鮮やかに
伊都中央高校 我が母校
新たな時代を 担いゆこう
写真(上)は校歌を合唱・披露する伊都高校生徒会・音楽部員たち。写真(中)は伊都中央高校の校章。写真(下)は仁坂知事や宮下教育長らに拍手で迎えられる伊都中央高校の1年生49人。

更新日:2015年4月10日 金曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事