ニュース & 話題

清楚、キュウイの花~「実は焼酎に」堀江さん

    堀江さん宅の垣根として清楚に咲いたキュウイの花(メス)
    堀江さん宅の垣根として清楚に咲いたキュウイの花(メス)
    堀江さん宅の垣根として清楚に咲いたキュウイの花(メス)
    授粉樹として堀江さんの庭隅に咲いたキュウイ(オス)
    堀江さんの庭の垣根として咲いたキュウイの花
    堀江さんの庭の垣根として咲いたキュウイの花

和歌山県橋本市隅田町垂井、画家堀江壽碩(じゅせき)さん(76)方で、5月27日、梅雨の頃に咲くキュウイの花が満開になっている。庭の垣根として約9メートルも這わせた雌(めす)のキュウイと、そのそばに植えた雄(おす)のキュウイで、往来する人たちが「まあきれい」と覗き込んでいる。
堀江さんは1級建築士でもあり、昔、果実農業をしたこともある。キュウイは普通、ぶどう棚にして栽培するが、堀江さんは庭の垣根にしようと、約10年前、自宅東側に植栽。幹からY字形に出た枝の一方を、高さ1・8メートル程度のところを東方に這わせた。また、授粉樹として雄のキュウイも植えた。
今では、枝ぶりもよく、大きな葉を茂らせ、いい垣根を形成。5月中旬から、雌は真っ白い花、雄は黄色っぽい花を開花。6月上旬まで見頃という。その後、小さな実が徐々に太り、11月には俵形のキュウイフルーツ(長さ約7センチ、直径約5センチ)を収穫する。
堀江さんは「私は農薬を使わず、自然のまま育てています。葉に隠れて下向きに清楚に咲くキュウイの花を愛で、そのフルーツは焼酎にして味わいます」と話した。

更新日:2011年5月27日 金曜日 14:21

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事