特集

映画『幸福のスイッチ』3月18日に上映会

橋本市家族介護支委託事業の映画『幸福(しあわせ)のスイッチ』上映会が3月18日、橋本市東家の橋本市民会館大ホールで開かれる。橋本市と社会福祉法人・光誠会が主催。橋本市社会福祉施設連絡協議会、橋本市介護保険施設連絡協議会の共催。午後6時50分に開場、同7時開会、同7時15分から上映する。入場は無料だが、入場整理券を3月1日から橋本市役所西別館内の「いきいき長寿課」(橋本市東家1の3の8)で配布。定員は600人(全席自由)。問い合わせ先は同長寿課(℡0736・33・1111)へ。ただし、車椅子での来場は事前連絡が必要。整理券は1人4枚以内(電話予約は扱わない)。映画は、小さな町の電器屋を支える頑固な父親と、3人姉妹の心温まる家族の絆を描いた物語。市内の福祉施設で働く看護師や介護士らが研修の後、一般の入場者とともに鑑賞する。

更新日:2011年2月24日 木曜日 14:57

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事