ニュース & 話題

コーヒーフェス楽しいよ♡南海高野線8駅と神社など

コーヒーの祭典「高野山とふもと ジャパンコーヒーフェスティバル2021」が7月17(土)、18(日)両日、和歌山県の南海高野線・橋本駅(橋本市)〜高野山駅(高野町)の8駅と、近辺の神社境内などで開かれる。
同実行委員会=川久保彬雅(かわくぼ・まさあき)代表=と、南海電鉄=遠北光彦(あちきた・みつひこ)社長=の共催で、テーマは「現代の参詣道〜自分好みのコーヒーを知る」としている。
会場は橋本駅(駅前ロータリー)、紀伊清水駅、九度山駅(駐輪場・デッキ)、高野下駅(椎出厳島神社境内)、下古沢駅、紀伊細川駅(八坂神社境内)、紀伊神谷駅(旧・白藤小学校)、高野山駅(2階テラス)。午前10時〜午後5時、雨天決行。
和歌山や近府県の有名・人気店舗が、駅や神社境内にブースを設け、オリジナルコーヒーを出してくれる。今回、旧・白藤小学校校舎では、地元ボランティア団体が新しく開設する「Coffeeしらふじ」でも、ゆったり味わえることになっている。
チケット前売り3枚券1200円、当日3枚券=1500円。橋本駅〜高野山駅の一日乗り放題の「一日フリー乗車券」は大人500円、こども250円。本部(九度山駅)で販売する。
同実行委では「自然豊かなロケーションで、ぜひ、コーヒータイムを楽しんでください」とアピールするとともに「今後、新型コロナ禍次第で、内容が変わることも。ホームページでご確認ください」としている。
写真(上)はかつて細川八坂神社でコーヒーを楽しんだ家族連れ。写真(中)は椎出厳島神社でのコーヒーフェス風景。写真(下)はかつて同神社で仲良くコーヒーを味わった女性たち=いずれも本紙掲載写真より。

更新日:2021年6月29日 火曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事