ニュース & 話題

ネットは楽しく安全に♡高野山小・親子スマホ教室

子供たちがインターネットの犯罪被害に遭わないようにと、和歌山県高野町の高野山小学校で2月5日、安全安心な使い方を語り合う初めての「親子スマホ教室」が開かれた。
4年生の児童25人と保護者9人、橋本警察署・高野幹部交番の3人など計約50人が、同小体育館に集合。5班に分かれ、円陣を描いて着席した。
各班ごとに「人間関係・誹謗中傷」「オンラインゲームの是非」「その課金」などをテーマに話し合った。
その結果、「ネットで人の心を傷つけたり、仲間外れにしたりしない」こと、「ゲーム参加の課金については、間違いのないよう親子で話し合っておくこと」などを学んだ。
途中、子供たちと保護者らが、すっかり打ち解けてリラックス。子供たちがポケットから毛糸を取り出し、保護者らとともに「綾取り」を楽しむ光景も見られた。
最後に恋中淳悟(こいなか・じゅんご)校長は、「オンラインゲームをしてはいけないと言う人はいなかった」と説明したうえで、「皆さん、今後トラブルに巻き込まれないように。学校でもご家でも、健康で楽しく過ごしてださい」と締めくくった。
森下英男(もりした・ひでお)教育長は、「町内の小・中学校の保護者らを対象に昨年11月、インターネットトラブル対策教室を開いたところ、ネットのルールづくりが大切という声が多く寄せられ、今回のスマホ教室開催となりました。とても良かったので、今後も続けたい」と話していた。
写真(上、中)は「親子スマホ教室」の楽しい風景。写真(下)は途中「綾取り」風景も見られた。

更新日:2021年2月6日 土曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事