ニュース & 話題

橋本の紀の川「恋野橋」完成♪7日午前10時に開通

和歌山県橋本市の紀の川に架かる新しい「恋野橋」(県道・山内~恋野線)が完成し、3月7日(土)午前10時に開通・供用開始される。古い恋野橋が変状・撤去後、約1年4か月ぶりに車や歩行者が紀の川を渡れることになり、流域市民は喜びを噛みしめている。
新しい「恋野橋」は、長さ約173・7メートル、車道幅上下計6・5メートル(拡幅計2メートル)、歩道幅2・5メートル(同0・5メートル)。
古い恋野橋は「車道幅が狭すぎる」などの理由で、県は2016年9月から、すぐ上流側で「新恋野橋」の建設を開始。2018年11月には、古い恋野橋が突然変状したため撤去。今は上流に「仮橋」を設け、代替橋としている。
県ではもともと7日午前10時から新しい恋野橋で開通式を開催し、祝辞、テープカット、担ぎ屋台(だんじり)などの渡り初めを行い、午後5時から供用開始の予定だったが、今回の新型コロナウイルス感染防止のため、開会式そのものを中止。開通・供用開始の時間を午前10時に変更した。
恋野橋の開通に伴い、上流の代替路・仮橋は閉鎖・撤去される。
写真(上、中)は完成開通する恋野橋。写真(下)は閉鎖・撤去される上流の仮橋。

更新日:2020年3月5日 木曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事