ニュース & 話題

今冬も「王様の木」電飾♪17日点灯式~旧・橋本小

和歌山県橋本市東家の「東家しんし会」青年部は、地元の旧・橋本小学校校庭に立つ巨樹「メタセコイヤ」に、沢山のイルミネーションを飾り付け、12月17日(日)夕刻に点灯式を行う。昨年は東家しんし会発足50周年記念で、多くの卒業生が「王様の木」として親しんだメタセコイヤをイルミネーションで飾ったところ、「懐かしい」「美しい」と大反響。そこで今冬も年末年始を含めて、1月8日夜まで点灯する予定で、多くの市民を喜ばせている。
メタセコイヤは昭和16年(1941)、橋本市の菖蒲谷層で、植物学者・三木茂(みき・しげる)さんが、その化石を世界で初めて発見して命名。やがてその木は中国原生とわかった。
日本では「戦後復興のシンボル」として学校や公園に植栽。旧・橋本小学校では、昭和30年(1955)頃に校庭に植えられ、今では高さ26メートルにまで成長。多くの子供たちが、この「王様の木」の下で泣いたり笑ったりの、大切な時間を過ごしてきた。
同青年部は、このほどメタセコイヤの梢(こずえ)から地上付近にかけて、滝のように4本のケーブルを垂らすなどして、約1万個のLED電球を取り付けた。
点灯式は12月17日午後6時から「東家しんし会」をはじめ関係者らが集まって行い、周辺にはテント張りの模擬店も設けて、「コーヒー1杯&ケーキ2個」を1000円で販売することにしている。
今年もメタセコイヤのイルミネーションは、校庭周辺だけでなく、同市賢堂の定福寺(じょうふくじ)前の世界遺産・黒河道(くろこみち)入口など、紀の川対岸の山斜面や、市街地の住宅2階窓などからも眺められることになる。
とくに歳末、東京や大阪などから帰郷する橋本っ子の喜びはもちろん、スマホ時代の市民らは、「ちゃんと撮影して友人知人に見てもらう」「橋本の冬の夜景をアピールしたい」などと、口々に話している。
写真(上、中)は旧・橋本小学校校庭のメタセコイヤにイルミネーションを飾る青年部の人たち。写真(下)は昨年の旧・橋本小学校のメタセコイヤの夜景=黒河道入口付近から。

更新日:2017年12月12日 火曜日 00:01

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事