ニュース & 話題

「橋本市民菊花展」が開幕♪杉村公園で彩りも豊かに

美しい自然に恵まれた和歌山県橋本市御幸辻の杉村公園・芝生広場で、10月26日、第44回「橋本市民菊花展」が開幕した。主催する橋本市民菊の会=矢野佳世子(やの・かよこ)会長=は「会員が丹精込めて育てた菊ばかり。ゆっくりご観覧ください」と呼びかけている。11月15日=午前9時~午後4時=まで。観覧無料。
展示会場は、芝生広場の通路両側に花壇を設け、立て簾(すだれ)で囲って、「大菊」「福助」「だるま」「懸崖(けんがい)」「学校」「総合」など各部門ごとに展示。会員や橋本市立高野口、柱本、三石小学校の各児童らが育てた約500鉢を飾った。とくに矢野会長や中前和代(なかまえ・かずよ)さんの「総合花壇」は、色とりどりの大菊・小菊、懸崖を趣(おもむき)あふれる日本庭園のように配置。家族連れや若いカップルらの心を癒している。
開幕初日に訪れた地元の株式会社「神野々北デイサービス」=中井基之(なかい・もとゆき)社長=の高齢者らは、車椅子などで見て回り、「きれい」「うれしい」とにっこり。菊の花を背景に記念撮影してもらった中井社長は「この菊花展のお陰で皆さん毎年、大喜びです」と感謝していた。
10月30日(日)=午前10時~午後3時=には同公園・芝生広場で、第25回「橋本市ふる里よいとこ探しナチュラルブレイク~耳を澄まして生きものと対話する、休日の一日」(同実行委員会主催)が開かれる。
橋本市民菊の会では「今年は異常な暑さなど天候不順で、菊づくりは大変でした。それでも、見事な作品を出展しています。ナチュラルブレイク開催の頃には、美しさのピークを迎えることでしよう」と話していた。
問い合わせは、はしもと広域観光案内所(電話=0736・33・3552)=午前9時~午後5時(水曜日は休み)。
写真(上)は橋本市民菊花展を楽しむデイサービス利用の高齢者たち。写真(中)は矢野佳世子会長の「総合花壇」。写真(下)は綺麗な懸崖の数々。

更新日:2016年10月27日 木曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事