ニュース & 話題

橋本経済浮揚へ初の意見交換会~進出企業と商議所

企業誘致を進めている和歌山県橋本市の誘致進出企業と橋本商工会議所役員・議員の初の「意見交換会」が9月27日、同会議所で開かれ、11企業の代表と同商工会議所役員・議員計22人が親交を深め、橋本市の経済活性化へ連携を誓い合った。
参加企業は宿泊業、食料品製造業、金属製品製造業、物流業など、東京や大阪などの都心部から誘致進出した企業。
初めに同商工会議所の前田陽一郎(まえだ・よういちろう)地域振興委員長が「県内でも橋本市の企業進出は多く、地元企業と結ばれれば、とても有益と考え(今回会合を)企画しました」と挨拶。
次に同会議所の女性会が制作したDVD「ようこそ橋本」をスクリーンに放映。橋本は東に大峯山、北に和泉山脈、南に高野山を望む紀州の東玄関口。オリンピック金メダリスト・前畑秀子さんや古川勝さんを育んだ紀の川があり、高野山に登る黒河道(くろこみち)は世界遺産への追加登録運動中と、橋本の素晴らしさを伝えた。
同会議所の長坂英明(ながさか・ひであき)振興課長も「商工農林まつり〝まっせ はしもと〟や、花火と歌、踊りの〝サマーボール〟などイベントも多彩」と事業説明。参加企業の各代表が自己紹介し、同会議所役員らと名刺・意見交換した。
最後に畑野富雄(はたの・とみお)会頭が「例えば電気・水道系統が故障しても、橋本なら都会よりも安く、早く修理できると思う。橋本は企業にとっていいところです。今後も意見交換会を継続し、皆さんと連携して、経済発展につなげたい」と締めくくった。
写真は、誘致進出企業の各代表と橋本商工会議所役員・議員の意見交換・交流会風景。

更新日:2016年9月28日 水曜日 16:11

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事